9月7日、8日開催!東京からバスに乗って山梨のキャンプ場へ。新しい出会いと一生の繋がりができる2日間のキャンプイベント。

 

500/5000人キャンプ2019@東京とは

2019/08/04

OSP-G
▶︎参加申込みはコチラから!

500人キャンプとは


あなたは「500人キャンプ」というイベントを知っていますか?

「500人キャンプ」は2000年~2005年まで学生のイベントとして計6回、2012年~2018年までは「大人の500人キャンプ」にバージョンアップし、社会人も交えたイベントとして計7回、全部で13回も開催されてきた歴史のあるイベントです。

2015年からは仙台で派生イベント(伊達な大人の500人キャンプ)も開催されるようになり、累計の参加者数は約3,000名を数えます。

形を変えながら生き続けるイベント

しかも、このキャンプは名前こそ継承されているものの、
一つの団体や法人によって継続されているものではありません。

毎年、「来年は私が代表としてこのイベントを開催したい!」という人が現れ、
スタッフと参加者を集めながら創り上げてきたイベントなんです。

それだけこのイベントが魅力的ということなんですね。

そして、この「500人キャンプ」が
今年2019年も9月7日(土)、8日(日)の2日間で開催されることが決定しました!

IMG-38
今年の代表リサリサ

▶︎参加申込みはコチラから!

経験者が語る500人キャンプの魅力

新しい「仲間」、新しい「繋がり」

あなたは毎日の生活の中で

  • 会社と家の行ったり来たりしかしてないなぁ
  • 毎日同じことの繰り返しで刺激がない
  • 仕事が楽しくない訳ではないけど、もっとワクワクしたい
  • 上京してから友だちがいなくて、地元に帰ってばかりだ

なんて思っていませんか?

実はこれ、今この文章を書いている僕が500人キャンプに出会う前(当時26歳)に思っていたことです!


僕は名古屋出身で香川県の大学に進学し、卒業後は地元名古屋の広告代理店に就職しました。
だから僕にとっては「東京=出張で行くところ」でしかありませんでした。

そんな中で僕に突きつけられた「東京転勤」の辞令。

幸い仕事は好きだったので、ウィークデーはとても充実していました。
億単位の予算を預かり、お客さんにも喜ばれ、社内での人間関係も悪くない。
絵に描いたようなサラリーマン生活に、「俺は今、日本の経済を動かす一翼を担っている!」とすら思っていました。

しかし、これが休日になると一転、

  • 縁も所縁もないから友達はほぼ0
  • 人混みが嫌いだから休日は家から一歩も出ない
  • やることといえばDVD鑑賞くらい…

はい、立派な引きこもりの出来上がりですw

でも、とあるキッカケから「500人キャンプ」に関わったことで本当にたくさんの刺激をもらいました。

中でも一番大きかったのは、地元よりも遥かに多くの、そしてとても深い関わりを持てる

「仲間」

に出会えたことです。

ビジネスの第一線で活躍している同世代はもちろん、
人生経験豊かでいつも背中を見せてくれる先輩や
若さと鋭い感性で新しい世界を描いている後輩。

とにかくそれまでの生活では絶対に知り合うことが無かったであろう人たちと、「これでもか」というほどの出会いと思い出、そして今なお続く繋がりを貰うことが出来ました。

多様過ぎるほど多様な「生き方」

そして、もう1つ、

サラリーマンの他にも色々な

「生き方」

がある

ということを知りました。


そして僕は「サラリーマン以外の生き方もしてみたい」と考えるようになり、実際会社をやめてみたりもしましたw
その他にも一緒にスタッフをやった仲間たちと一緒にNPOを立ち上げてみたり、500人キャンプで出会った女性と結婚したり…

もちろん全てが順調だったわけではありませんが、500人キャンプが小さな一歩を踏み出すキッカケになり、自分の「生き方」が大きく変わったなと思います。
そして、あのままサラリーマンを続けていた先にあった未来よりも、きっと今のほうが数倍良い未来になっているとも思っています。

「楽しい」だけじゃないから、楽しい!

カバー写真
そんな「仲間」との繋がりや「生き方」があるからこそ、サラリーマンを卒業した今もなお、僕は東京にとどまっています。

ある時は叱咤激励を、またある時は無償の優しさを、そして時には自分じゃ絶対に思い付かないようなアイデアを、またまたある時には突拍子もないユーモアを…
500人キャンプで出来た繋がりから、僕は毎日のように素晴らしいものを受け取り続けています。
そして、毎日をドキドキワクワクしながら楽しく生きています。
それはこれから先も、文字通り「一生」続くと信じて疑いません。

世の中に「楽しい」イベントは数あれど、こんな「繋がり」や「生き方」を貰えるイベントは「500人キャンプ」をおいて他にはありません。

令和元年最高の思い出になることを保証するので、ぜひ500/5000人キャンプに来てくださいね(^^)
▶︎参加申込みはコチラから!