9月7日、8日開催!東京からバスに乗って山梨のキャンプ場へ。新しい出会いと一生の繋がりができる2日間のキャンプイベント。

自ら先頭に立って「BACK TO KIDS!」を体現する女性リーダー、リサリサ

2019/06/27
 
IMG-38
この記事を書いている人 - WRITER -
谷口真
500/5000人キャンプ2019@東京・広報チーム所属(スタッフ紹介記事担当) IT企業のシステムエンジニアとして、ソフトウェアのテクニカルサポート(品質管理)を担当している。学術研究など、複数の事象が関連するような問題に対して、論理的に突き詰めることが好き。プライベートでは、自由に文章を書いてSNSに投稿することをライフワークにしている。文章を書くことを通じて、自分と向き合うことがテーマである。500/5000人キャンプ2019@東京の参加を決めた理由は、文章を書く機会が仕事として存在したから。趣味は多種多様なイベントに行くこと、特技は直筆でも綺麗に字が書けること(パソコンで書いたような字体とよく言われます笑)。

はじめに

みなさん、こんにちは。

500/5000人キャンプ2019@東京、広報チームの谷口真(しゃんしゃん)です。

今回の運営スタッフとして参加しているメンバーを紹介しています。

第1回目となる今回は、500/5000人キャンプ2019@東京の代表を務めます、中山理紗(リサリサ)さんです。

彼女が代表だから、スタッフとして参加したという人もいるほど、魅力の溢れた女性リーダーです。

プロフィール(Profile)

中山 理紗(なかやま りさ),ニックネーム:リサリサ

500/5000人キャンプ2019@東京・代表

 

普段はテーマパークのエリアマネージャーとして、こどもたちに社会の楽しさを伝えている。

また、自分もこどもの頃の純粋な気持ちを忘れず、本音で生きることを心掛けている。

2004年から500人キャンプに関わり続け、今年で参加は9回目。

遊ぶように、楽しい生き方を選択できる大人を増やすため、今年はコンセプト「BACK TO KIDS!」を提案した。

趣味は「食べること」で、特技は「寝ないで居られること」。

Q.500人キャンプで初めて触れた価値観について教えてください

500人キャンプに初めて参加したのは2004年で、当時は大学生でした。

バスで移動している時に、隣の席に居た人から、500人キャンプに誘われたことがキッカケでした。

スタッフという立場で、コンテンツのひとつである語り部屋(スナック・リサリサ)を主催し、

準備段階や本番での社会人の大人や大学の先輩方の話を通じて、多種多様な生き方を初めて知りました。

こどもの頃から、

通勤する大人の疲れた顔を見ながら、何となく

「大人は大変そう。大人になりたくない。」

と思っていましたが、500人キャンプをキッカケに生き方を選択できることを認識しました。

また、開放的になれる場所を創れたことは、自分に対する自信に繋がりました。

Q.500/5000人キャンプ2019@東京のコンセプトについて

risarisa4

今年の500人キャンプの名前「500/5000人キャンプ2019@東京」は、東京で500人と繋がることに加えて、全国で5000人と繋がることで、より深く・広く・長い関係を築きそのエネルギーを発信していきたいという想いに由来しています。

また、今年のコンセプト「BACK TO KIDS!」は、

こどもの頃のように純粋な好奇心から「やってみよう!」と思い、自由な発想で楽しんでいるおとなを増やしたい!

そんなおとなたちを見て、こどもたちが「早く大人になりたい」、そう思える環境が創れたら良いな。

そんな想いがあります。

500人キャンプに関わるみなさんの人生が、より自分らしく、より豊かになれたら。

そして、もっと自分のことを好きになれたら、そんなイベントを目指しています。

今年の代表を引き受けた時も、直感的に「やってみよう!」と思ったからです。

スタッフや参加者が自ら「やってみよう!」と思い、実際にチャレンジできるように、まずは私が先陣を切って想いを行動として示していきたいと考えています。

500/5000人キャンプ2019@東京の参加者・スタッフについて

「こどもの頃のように自分を開放したい。」

「今の延長線上にある未来を少しでも変えたい。」

そう考えている方に、ぜひ参加してもらえたら嬉しいです。

かつての私もそうでしたが、500人キャンプは自分の人生を心から応援してくれる方が居て、一生繋がりたいと思える仲間に出会えます。

また、ひとりひとりの「やってみよう!」を実現できる環境でもあります。

スタッフについては、長期的に運営に関わるコアスタッフ、当日の運営に関わる当日スタッフの2種類に分かれます。

様々なコンテンツを一緒に創り上げながら、もう一歩殻を破りたい。

心から信頼できる仲間が欲しい。

自分という人間をより深く知りたい。

500/5000人キャンプ2019@東京のスタッフも募集していますので、ぜひ一緒に盛り上げていきましょう。

500人キャンプに興味があるあなたへ!

risarisa2

私にとって、500人キャンプは人生を通してやりたいことです。

お互いに想いを共有し、高め合う。

そんな仲間を私はもっと増やしたいです。

新しい自分、新しい仲間に出会うため、一歩踏み出してほしい。

大人が忘れかけていた、こどもの頃の遊び心を取り戻し、より良い人生を歩むために。

一緒に遊ぼうー!

おわりに

代表を引き受けたと言うと、重大な決断をしたような印象を持ちがちですが、直感で決めたという話が印象的でした。

今年のコンセプト「BACK TO KIDS!」を最も体現した所だと思います。

そして、彼女が代表を務めているからこそ、スタッフも心からやりたいことを積極的にできているのだと思います。

軽やかなフットワークと直感力を武器に、これからもスタッフに背中を見せながら突き進んでいくことでしょう。

私もスタッフ説明会に初めて参加してから、彼女にここまで引っ張って頂きました。

改めて、これからも宜しくお願いします!

この記事を書いている人 - WRITER -
谷口真
500/5000人キャンプ2019@東京・広報チーム所属(スタッフ紹介記事担当) IT企業のシステムエンジニアとして、ソフトウェアのテクニカルサポート(品質管理)を担当している。学術研究など、複数の事象が関連するような問題に対して、論理的に突き詰めることが好き。プライベートでは、自由に文章を書いてSNSに投稿することをライフワークにしている。文章を書くことを通じて、自分と向き合うことがテーマである。500/5000人キャンプ2019@東京の参加を決めた理由は、文章を書く機会が仕事として存在したから。趣味は多種多様なイベントに行くこと、特技は直筆でも綺麗に字が書けること(パソコンで書いたような字体とよく言われます笑)。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です